【RAPT理論+α 】聖書に書かれた予言が、現在進行形で実現しているという驚き(十二弟子・ミナさんの証)

f:id:makaron2021:20210920182138j:image

 

 

 

 

私はRAPTブログに出会ったことがきっかけで、初めて聖書を読むようになりました。

それまで全く宗教に興味のなかった私は、聖書は特別な書物であり、キリスト教徒だけが読むものだと思っていました。

しかし、RAPTブログを読んでみると、RAPTさんが聖書についての話を幾つもされており、その中で、私が昔から強く記憶に残っていた話が取り上げられていました。

このときに初めて、それが聖書の話だったと分かり、とても驚きました。

その話というのは「ある一人の人が、数個のパンを何千人という大勢の人々に分け与えた」という話でした。

小学校の低学年頃だったと思いますが、あるとき先生がこのような話をサラッとされ、それ以来、意味も分からないまま、ずっと心に残っていました。

私が通っていた学校はごく普通の公立の小学校でしたので、なぜその話になったのかは定かではなく、そのときの前後の記憶もすっかり抜け落ちていますが、この話だけが記憶に残っていました。

あまりにも衝撃的だったのか、本当にそのようなことが起こるのかと、自分でも何度か試したこともありました。

試すといっても、ただ、パンを食べるというだけなのですが…

そのとき「このパンがまた、何千人に分け与えられるくらい残りますように」と思いながら集中して食べてみるのですが、当然ながら、お皿には少量のパンカスしか残りません(笑)

そしていつも、その残ったパンカスをボー然と眺めながら、あの話は一体どういう意味なのだろうと不思議に思っていました。

ですからRAPTさんのブログで、この話の意味を解き明かしてくださったときには、これまで何十年という長い間の疑問が解かれ、心かスッキリし、感激して飛び上がるほどの嬉しい気持ちになりました。

キリスト教最大のタブーその二。聖書に書かれた奇跡はほとんど奇跡ではない。

自分でもなぜ、この話にそこまで興味を持ったのか全く分かりませんでしたが、今から思うと、神様が書かれた書物の言葉は、たとえ意味が分からなくても、人々の心に残るものなのではないかと思いました。

そして他にもポツリポツリとですが、どこかで聞いたような話が聖書に書かれていることを知り、つまり聖書の話は自分にとってそれほど遠い話ではなく、実は知らず知らずにこの世の中に浸透しているものだと分かりました。

そして、これほど人を惹きつける書物である聖書を、もっと読んでみたいという気持ちになりました。

それまで難しいと言われていた聖書も、ラプトさんが分かりやすく解き明かしをしてくださるので、初めて読む私でも理解することができました。

理解して読むことができるので、時間がかかっても最後まできちんと読むことができました。

それも1度目より2度目、2度目より3度目の方が、書かれている意味もより深く理解できるようになるので、たくさん読むほど新しい発見があって、どんどん面白くなっていきました。

○RAPT有料記事537(2021年2月15日)聖書には、一人一人に主が用意した御心と使命が封印されて書かれてある。だから、聖書を繰り返し深く読んでその封印を解き、主の用意した御心と使命を見付けなさい。

○聖書朗読のススメ。聖書を読めば有能になる。

ラプトさんの解き明かしがなければ、私にとって聖書は余りにも難解で、読んでもすぐに挫折していたと思います。

しかしRAPTさんがお話してくださる聖書の解説は、どれも本当に分かりやすく面白く、どんどん引き込まれていきました。

○RAPT有料記事40(2016年2月8日) 創世記の謎を解き明かす(1)

○RAPT有料記事42(2016年2月15日) 創世記の謎を解き明かす(2)

RAPTブログに出会えなければ、私は一生、聖書を手に取ることもなかったと思います。

もし、聖書を知らずして一生を終えてしまっていたなら、それがどれだけ勿体ないことなのか、いえ、勿体ないどころでは済まされない、生きるか死ぬかの違いほどの大きな差だったということを、今ならよく分かります。

ここまで聖書の内容を全て理解して読めるということが、これまでの時代にはなかったことであり、今の時代がどれほど恵まれた素晴らしい時代なのかと、RAPTさんへの感謝の気持ちでいっぱいになります。

そして、聖書をきちんと解き明かしできるのは、神様から遣わされた使命者だけだと教えて下さっていますが、今、RAPTさんは聖書の封印を次々と解いていってくださっています!

○RAPT有料記事506(2020年10月17日)聖書の預言は全て、それが成就されるまでは誰も解き明かすことができない。そして、その預言を成就するのは主の使命者だから、主の使命者だけがその預言を解き明かすことができる。

聖書こそ、神様から私たち人類へ送られた真実と愛の書物です。

そして神様から遣わされたRAPTさんが、聖書の解き明かしをしてくださり、私たちを神様のもとへと導いてくださっています。

ぜひ有料記事を読みながら、聖書を手に取って読んでみてください。

聖書の予言通りにこの時代が進行していることを目の当たりにして、驚嘆することでしょう。

そして聖書の神様が、どこまでも真実であられるということを強く感じられるかと思います。

どうか多くの人が、聖書の神様こそが本物の神様だと分かって、神様からの愛と恵みで満ち溢れた人生を送ることができますよう、心からお祈りいたします。

○RAPT有料記事568(2021年6月20日)なぜ2023年までにサタンが滅びると主が仰っているのか、その理由を教えて下さった御言葉。

〇聖書に書かれた奇跡が、RAPTさんの周りでも実際に起きている(十二弟子・KAWATAさんの証)

RAPTブログへ

 

 

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

聖書を一回読んでから、RAPTさんの朝会を始めようと

決めていました。

読むと言うより目を通す感じでした、意味がさっぱり

わかりません。

 

そして睡魔との戦いでした。

なんとか読み終えて、日常で変化した事がありました。

私は、何かと焦りやすいところがありましたが

一瞬、焦ってもすぐに冷静に対処できるように

なりました。

焦る回数も減りました。

RAPTさんの朝会と同時に、始めたら良かったと

後悔しています。