【RAPT理論+α】こんな自分をも神様が愛してくださり、こんな自分でも神様を愛する資格があると仰ってくださった喜び(十二弟子・ミナさんの証)

f:id:makaron2021:20210928230533j:image

 

 

 

September 27, 2021

RAPTさんはいつも御言葉を通して、神様の愛を教えてくださっています。 神様は、どこまでも私たち人類を愛してくださり、人間と愛を成して生きていくことを心から願っていらっしゃって、いつも豊かに愛を注いでくださっているということを、RAPTさんは教えてくださいました。 想像を超えるほどの深く、溢れるほどの神様の愛を、どこまでもはっきりと伝えてくださっています。 こちらの御言葉を聞いて神様の愛を知ったなら、誰もが神様を愛さずにはいられなくなると思います。

信仰を持つ前の私は、本当の愛を知らず、愛し方も分からず、いつもどこか孤独で虚しく、ほんの些細な出来事で、すぐに生きる気力や希望を見失っていました。 私がラプトブログに出会ったときも、思い悩み、どこに向かっていけば良いのか分からず、思わずその場にしゃがみ込んで、うずくまっていたほどでした。 しかし、そのような苦しみも、RAPTブログの有料記事を読み、御言葉を聞いたりお祈りしたりすることで、神様の愛を感じ、希望と喜びで満たされるようになっていきました

私はそれまでずっと長い間、神様の存在も、神様が愛してくださっていたことも何も知らずに生きていました。

しかしそんな私のことでさえ、神様は憐んでくださって、RAPTさんのブログに導いてくださいました。

私はRAPTさんの伝えてくださる御言葉によって神様の存在を知ったとき、ようやく本当の愛を見付けることができたとの思いに、喜びで胸が一杯になりました。

そして続けて御言葉を聞いていくうちに、神様の人類への熱い愛と、ラプトさんが人類の救いを何十年と祈りつづけてくださったおかげで、私もこうして救われたのだと分かり、神様とRAPTさんへの感謝が溢れました。

しかし、聖書や御言葉をさらに読み進めていくうちに、私は随分と長い間、神様を知らず、罪が何かも知らず、神様に反逆するような生き方をしてきたことが分かってきました。

そして、こんな自分に神様を愛する資格などあるのだろうか、と思うようにもなりました。

しかし、そのように感じはじめていたとき、こちらの御言葉を通して、神様の深い愛を教えていただき、自分にも神様を愛する資格があるのだと悟り、あふれる涙が止まりませんでした。

今、神様は愛の冷め切ったこの世の中で、生きる気力を失い、希望を失っている人類を憐れんでくださって、多くの人々を救おうとしてくださっています。

神様は私たち人類が気付こうと、気付くまいと、救いの手をそっと差し伸べてくださっているのです。

そして、私たち人類が神様の存在に気付き感謝し、愛するならば、神様はどこまでも私たちに近付いてきてくださいます。

どうか多くの人が、神様の愛に辿り着き、本当の愛で愛される祝福を豊かに受けて、喜びと希望に満ち溢れた人生を送れるようになりますことを心から祈っています。